天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

レインボーベビー?

赤ちゃんて本当に可愛いですね。

まだ笑うことを知らない月齢の子でも、すごく可愛い。

あれがわたしのお腹にも入ってるなんて、

二度めなのによくわからない。

顔を見るまでは、母親にだって実感はあまりないものです。

 

昨日買い物に出かけたら、

エレベーターで赤ちゃん連れの女性と乗り合わせました。

ベビーカーからじっとこちらを見ているその子がとても可愛くて、

思わずニコニコ(ニヤニヤ?)してしまいました。

まだ二ヶ月だそうで、うちの次男と同い年だなと嬉しくなりました。

 

長男を亡くして、まだ次男を授かっていないときだったら、

きっととてもつらかったでしょう。

あなたとあなたの子どもには未来があっていいな、

わたしにはもう何もないのに。

そう思うだけだったのに違いありません。

赤ちゃんを可愛いと思う気持ち、それ自体、

次男が取り戻してくれたんだなぁと思いました。

 

そしてタイトルの。

生まれてくる次男は、わたしたち夫婦の、

レインボーベビーなのだろうか?

レインボーベビーとは、

流死産や新生児死、乳児期に亡くなってしまった子の、

次に無事、地上に生を受けた子。

長男が亡くなったのは一歳九ヶ月のとき。

もう乳児期ではなく、幼児期です。

だからきっと、厳密に言えば違うのでしょう。

歩けなかったし、おっぱいだって飲んでいたけれども。

でも、灰色の世界に現れた虹、希望の光、

そういう気持ちの面では、

次男は確実にレインボーベビーです。

 

ここ数日、明らかにお腹が下がってきて、

お腹の張りも頻繁、そして強いです。

張っているときにお尻の方に響く感じもしてきました。

ああ、これが強くなるといきみたくなるんだよなぁ、

って懐かしく思い出したり。

今日の健診でも、次男の推定体重は一気に3000を超え、

(下がりすぎてエコーにうまく写らず、

誤差もありそうと先生がおっしゃってました)

子宮口は二センチ開と、着々と出産準備が整ってきているようです。

 

今日帰宅してから、なんだかとてもだるくて・・・

ソファで横になりうとうと眠ってしまいました。

いつもと違うのは子宮口を触る内診のせい?

グリグリ指を突っ込まれても全く痛くないのですが、

それでもなにか変化は起こっているのかな。

 

我が家待望のレインボーベビー。

お誕生日はいつでしょう^^

37w0d正産期に入りました

まだ見ぬ次男はどんな子なんだろう?

頭が大きいことはわかってる。

性別もわかってる。

エコーでわかる範囲の体の異常がないことも。

 

でもやっぱり、生まれてみるまでわからないことの方が多い。

あなたはどんな子かな?

 

長男は色素が薄くて、ぽちゃぽちゃむちむちしていて、

蒙古斑が腰にあって、お尻がぷりぷりでした。

足の薬指が少し内側に曲がっていたけど、

わたしも夫もそういう指の形だから大丈夫と言われました。

入院中はよく寝てくれて、ごはんもゆっくり食べられました。

退院してからは一日に20回くらいおっぱいをあげました。

眠れなくてつらかったけど、懐かしい。

 

その後の成長は前に書いた通りですが、

次男はどんなふうに生まれて、

どんなふうに育っていくのでしょうね。

歩く姿を、話す声を、ランドセルを背負う姿を、

見せて聞かせてくれるでしょうか。

 

今日からはいつ生まれても大丈夫な時期です。

お腹の張りはしょっちゅう感じますが、

不定期な上あまり痛くありません。

横になると消えてしまいます。

まだもう少しかかる気がします^^;

予定日まで三週間あるし、寒いからもうちょっと待とうね!

昨日から臨月

予定日まであと四週間しかない。

なんたか急に焦る気持ちが出てきました。

 

入院準備で足りないものはないだろうか。

医療費控除の書類くらい完成させたい。

冷凍食品やレトルト、シリアルのストックを増やさなきゃ。

スタイとよだれカバーにスナップをつけなきゃ!

 

いえね、そんなに時間のかかることじゃないし、

すぐやればすぐ終わるんですよね。

ただ気ばかり焦ってしまいます。

 

まだ赤ちゃんが下がっていないので胃が苦しく、

恥骨はメリメリ言いそうな勢いで痛み、

ちょっと動けばあっという間に疲れて、

この時期の妊婦生活はなかなか大変です。

でもどんなに身体がしんどくて大変でも、

生まれてからの方が遥かに大変なんだよなぁと

ぼんやり産後に思いを馳せます。

 

最近の体調としては、鼻血が時々出ます。

(ビックリします!)

おりものが増えました。

便秘はまだ続いています。

髪を洗っていても全く毛が抜けません。

(おかげですごい毛量です!)

肌がしっとりしてきました。

臨月っぽくエストロゲンが増えてきたかなという感じはありつつも、

出産準備まではいっていないようです。

 

先週の健診でも子宮口はぴったり閉じていると言われたし。

長男のときみたいに、予定日ちょい前までは持つのかな~と考えたりもしています。

毎日、まだ出てこないよ~出てきてよくなったら教えるからね!と話しかけて、

なんとか都合のいい日に出てきてもらおうとしています(笑)

産気付くのは夫が在宅しているときがベターだし、

入院中に海外在住の親友に来てもらえるように週末近くが良いし、

もし都内に雪が降っている日だったりしたら大変です・・・

推定体重はすでに2500gを超えたので、

37週になった途端に出てきてもいいのでしょうが、

心の準備的には予定日近くまで持ってほしいなという気持ちです。

 

さて、臨月を迎えた昨日は学生時代からの仲間と新年会でした!

予定を入れて外出するのは出産前最後だろうし、

座ってるだけでも疲れましたが楽しかったです。

女性メンバーからは代わる代わるお腹を触られ、

安産を祈られて帰ってきました。

皆、長男のお通夜お葬式に出てくれた人たちです。

お腹の子が男の子だと聞いて泣いてくれたり、

何も言わずとも支えてくれた人たち。

彼らにもいい報告をしたいです。

 

あー緊張する!

つるっと、するんと、出てきますように。

一周忌を迎える前に次の子が生まれるということ

タイトルのことですが。

賛否両論なんだろうなと思うんです。

いろんな声を、ネットで読んだから。

 

長男を亡くしたのは去年の3/17。

その後、幸運にもすぐ次の子を授かることができました。

次男の予定日は2/5です。

 

一周忌が来る頃にはたぶん、産褥期も明けて、

一緒に外出もできるようになっているでしょう。

無事に生まれてくれていれば。

あの子を亡くした辛い辛い日が来る前に、

次男に会えるわけです。

 

わたしは不妊症です。排卵障害があります。

だからすぐに次の子ができるわけがないと思っていました。

だからこそ、急がなければ。

誰に、何を言われてもいいと思いました。

 

次の子が来てくれなければ、もう生きていけない。

こんな喪失感を抱えて、

やっと授かった子を目の前で亡くして、

あの子の気配とグッズが溢れる部屋で、

夫婦二人で生きていけるわけがない。

しかも、不妊症で、しかも、もうすぐ35歳。

(現在はすでに35です)

急がなければ。急がなければ。

急がなければ・・・!

 

これが、長男を失った直後からわたしが考えていたことです。

辛くて辛くて涙に暮れて、

次の子を授かるために努力をすること、

病院通いの計画を立てること、

その希望でやっと自分を支えていました。

 

次男はまだ生まれていません。

お腹で元気に動いています。

わたしには長男だけをゆっくり悼む時間はありませんでした。

それだけのことです。

 

もしある程度の寿命を全うして死ぬときが来たら、

きっとわたし嬉しいと思うんですよね。

長男に会えるから。

それまで夫や次男と生きていく。

生きているから生きていく。

生きていくからには笑って過ごしたい。

 

そんな思いで今います。

出産はやっぱり怖いけど・・・やるしかないですしね。

きっとこの子がわたしに笑顔をくれると信じています。

さよなら人生最悪の年

大晦日なので、一応振り返ります。

今年はやっぱり最悪の年でした。

 

3/16までは、イライラしたり閉塞感はあったけど、

平凡で幸せな日常でした。

でもあの日から、全部変わった。

あの日までとあの日から、あの日を境目にして、

こんなに悲しくて辛いことがあるなんて、

頭では知っていても本当には知らなかった。

もう二度と元のわたしには戻れません。

産んで育てた息子を、目の前で亡くすなんて、

今でも信じられない・・・

 

でも、次男を授かれた年でもあります。

来年無事に生むことができたら。

きっといい年と思えるでしょう。

ただわたしの不安は、次男が長男の歳を越えるまで続き、

越えてからもぼんやりと長く続くのでしょう。

 

申年に嫌な印象がついてしまった。

厄が去る、病が去るなんて言いますが、

息子がこの世から去ってしまいました。

これから一生涯をかけて、

良い思い出で塗り替えていけたらいいな。

そう思います。

 

あと少しでさようなら2016!

皆さま、良いお年を。

ひさしぶりに泣いた

お腹が大きくて重いのとホルモンの関係で、

夜にちゃんと眠れなくなってきて。

日中眠くてぼーっとしてしまいます。

今日は特に眠りが浅く何度も目が覚めて夢を見て、

頭痛と一緒の目覚めでした。

うう~痛い・・・

 

昨日は北陸から高校時代の友人が来てくれました。

帰省のついでとは言え、わざわざです。

喪中ハガキを見て連絡をくれました。

ひさしぶりに会ったけど、変わらず童顔の優しい彼女。

長男の話をしながら「本当に可愛かったんだよ」しか言えなくなってしまったわたしの手を握ってくれて、

我慢しきれず涙があふれ、二人でぐすぐす泣きました。

一緒に泣いてくれてありがとう。

 

それからは育児の話や思い出話、

共通の友人の話をお茶を飲みながらゆっくりして、

楽しい時間を過ごせました。

心がまた少し、救われた。

悲しみも辛さも消えなくても、

こうやって少しずつ薄皮で覆われていくんだろう。

 

今日は出産前に行く最後のライブです。

次男はお腹の中でバッチリ聞こえてると思うので、

一曲ごとに解説をしてあげよう(笑)

マスクして、飲み物持って、休み休み。

ちょこちょこ座って楽しもうと思います。

 

その前に・・・

まずは昼寝だ、昼寝。

おやすみなさい。

食べ過ぎ三連休と不安と期待

昨日から34週に入りました。

会陰マッサージを始め、

ラズベリーリーフティーを用意しました。

出産が近付いてるなぁと感じます。

 

そして・・・

連休で完全に食べ過ぎました!

ついつい、ではなく、わかってやったことですが。

いやー、よく食べた。

我が家のクリスマスケーキは毎年31のアイスケーキです。

今年はパレット6にしました。

クリスマスディナーは金曜日に、

わたしが学生時代から通いつめてるレストランで。

土曜はわたしはゆっくりして、

チキンとアイスケーキを食べ、

日曜は夫と近所に日用品やベビー用品の買い物に行き、

またもやチキンとアイスケーキを食べ(笑)、

そうして三連休が終わりました。

 

先週の健診でこの増え方はヤバいなと自分で思う体重だったんです。

(先生には何も言われず、お腹の張りも問題ないとのこと)

お正月は夫の実家にだけは顔を出すことになり、

当然ご馳走をたくさん用意してくれるはずなので、

気を付けるとしたら今しかない!

この平日は粗食につとめます。

 

長男のときにはなかったお腹の張りを、

感じるたびに緊張します。

もうすぐ会える。

長男のお産が終わったときは、

無事に産めた、よかった!と

ただただ安堵感しかありませんでした。

この子の顔を見たら、わたしはどんな気持ちになるんだろう?

亡くした子の次に生まれる子。

やっぱり特別なんだろうな。

 

ああ、会いたいな。

そして何よりまず。長男に会いたいです。

もうすぐお兄ちゃんだよ。