天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

新しい生活

明日から、期間限定で働きます。 息子の子育て期間は専業主婦だったのでひさしぶりのお仕事。 ちょっと不安なことはあるのですが・・・ それはおいおい別の記事で書くとして。 今回とてもワガママを聞いていただいての採用になりました。 お話をいただく前に…

日常の何もかもが息子につながる

今日、ひさしぶりにネットスーパーを使いました。 息子を連れて重いものを買うのが大変だから使っていたネットスーパー。 チャイムが鳴って玄関に受け取りに行くと、 息子も必ずついてきて商品を触っていたっけ。 大好きなアンパンマンのビスケットを頼んだ…

息子はこんな子

以前息子の発達のことについての記事を書きました。 あれは息子の説明書みたいなものだったので、 今回は息子を親バカ視点で紹介させていただきますね。 息子のアンパンマン教への入信は、一歳半ごろでした。 なんかもう、気が付いたら、スーパーでもセンタ…

まだ書けない

息子が意識を失って、この世とあの世をさまよった5分。 その後の絶望の10分・・・ それからの時間。 書きたい、吐き出したいのだけど、 起きたことを書こうと思うと心臓がギュッと苦しくなります。 最期を見ていたわたし。 母親なのに、何もできなかった。 …

うだうだと悩む

息子がいなくなった日のことがわたしには重すぎて、 辛くて仕方ないけどどこかで話してしまいたいと思っていたのに、 いざ書き始めるとうまく言葉にならなかったりする。 さっきあげた記事も、こんなこと書いてしまってよかったのかと考えたり。 そっとして…

息子の死因を探る

行政解剖の結果が出ました。 「吐物吸引による窒息死」。 見るのも辛いこの言葉・・・ でもわたしたち夫婦も、祖父母も、半信半疑です。 それは事実の流れとそぐわないから。 そしてわたしたちの話を聞いたとある小児科の先生が、 「吐く前に起こった何かの…

また遺族会へ

二週連続です。 あの、息子がいなくなった日、 「間違いなく今のわたしは、世界でいちばん不幸だ」 そうはっきりと口に出して言ったあの日の同じ気持ち、 それを感じたことのある人たちと過ごす時間。 いつか支える側になりたいと思います。 それまでしばら…

息子はこんな子(発達のこと)

我が家の第一子長男、ぽんちゃんは2014年5月19日生まれ。 39週5日で大きく生まれ、よく飲み、よく泣き、よく眠る子。 裸族で過ごさざるを得ないほどおっぱいを飲んで、 6ヶ月で始めた離乳食は10ヶ月までまったく進まず、 おかげでほとんど離れられず母子一心…

このブログのタイトルについて

結婚している女性なら、きっと言われたことのある言葉があります。 「お子さんは?」 それを言う方の気持ちや事情、 言われる方の気持ちや事情。 本当に千差万別です。 わたしは結婚してしばらくは夫と二人で過ごすと決めていたので、 「いないんですよ。」 …

妊娠中のこと②【妊娠糖尿病】

妊娠糖尿病と診断されたわたし。 産院から紹介された病院へ、出産までに4回ほど通うことになります。 幸い程度は軽いものだったらしく、インスリン注射はなし。 血糖値を上げない食生活と、その確認のための測定。 それがわたしのやるべきことでした。 血糖…

妊娠中のこと①

わたしのお腹に宿った息子は、順調に成長していきました。 見えないお腹の子のイメージは、ポンタカードのポンタ。 なんか、あんなふうにお腹がぽんぽこりんな子が、 お腹にいる気がしたんですよね。 それに、ぽんぽんってお腹を蹴ってくれる日を夢見て。 性…

遺族会に行きました

初参加だったので緊張しましたが、 参加された皆さんの話を聞いて涙、自分で話して涙、 自分の話で皆さんが涙してくださってることにまた涙・・・ 最近、今のわたしは誰なんだろうって思うことがあったんです。 あの日、息子がいなくなって、 わたしの人生は…

息子を妊娠するまでのこと②

治療や子どものことを忘れて働き、 その間に海外旅行にも行き、すっかりわたしの気持ちは回復。 この仕事は契約期間が一年+αで、 契約終了したらまたゆっくりクリニックに通おうと思っていました。 が、途中でまさかのもう一年の延長リクエスト。 でも治療…

息子を妊娠するまでのこと①

結婚して三年目、二人でじゅうぶん遊んだし、そろそろ子どもが欲しいね。 でもわたしかなりの生理不順だし、たぶんすんなりとはできないと思う。 少ししてできなかったら、病院に行こうよ。 そんな感じでわたしたち夫婦は赤ちゃんを待つ日々を始めました。 …

2歳の誕生日

今日は息子の誕生日。 義母と義祖母がお線香をあげに来てくれた。 ちゃきちゃき世話焼きなお義母さんと、優しいおばあちゃん。 ケーキはわたしが注文してしまったから、 果物を持ってきてくれた。 アンパンマンに囲まれた息子のコーナーに、 桃とチェリーが…

生まれた日のこと

ご覧いただきありがとうございます。 忘れたくない息子の思い出として、出産のことを書いてあります。 つらい方は読まないでくださいね。 二年前の今日、息子は生まれた。 49.5センチ、3205グラム。 生まれたのは午後2時過ぎだったから、今頃痛みで吐いてた…

罪悪感

息子はわたしの目の前で亡くなった。 息子のそばにはわたししかいなかった。 助けてあげられるとしたら、わたしだけだった。 わたしが判断を間違えた。 絶対に間違ってはいけないところで間違えた。 わたしにはきっとできることがあった。 でも何もできなか…

月命日、二回目

二ヶ月。わたしには、長い、長い、長い、二ヶ月。亡くなってすぐから一ヶ月くらいは、毎日毎日、分や時間単位でその瞬間のことを考えた。三時間前は生きてた、昨日の今ごろは、三日前は、一週間前は、十日前は…そう思うときの、あの絶望。遠ざかってしまう、…

はじめまして

リンと申します。3/17に一歳九ヶ月の息子を突然亡くして、途方に暮れ、悲しみ嘆き、思いを綴る場所が欲しくてブログを始めることにしました。天使みたいに可愛かった息子は、本当に天使になってしまいました。今ごろ楽しくふわふわ飛んでいるかな。胸に空い…