天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

遺族会に行きました

初参加だったので緊張しましたが、

参加された皆さんの話を聞いて涙、自分で話して涙、

自分の話で皆さんが涙してくださってることにまた涙・・・

 

最近、今のわたしは誰なんだろうって思うことがあったんです。

あの日、息子がいなくなって、

わたしの人生は「それまで」と「それから」に分かれました。

それまでのわたしは息子と一緒にこの世から消えてしまって、

どんなに再現しようと思ってもできなくて。

でも気がついたら元のわたしの振りをした誰かが、

すました顔して日常生活を送っている。

本当はもうどこにもいないのに、

道端ですれ違う人や、スーパーの店員さんや、

すべてをさらけだすことのできない友人知人に、

一生懸命それまでのわたしを見せようとしている、そんな感じ。

 

でもあの集まりの場には、むき出しのままの「それから」のわたし、

罪悪感に満ちあふれて悲しくて苦しいわたしがいました。

ここでなら泣ける。

知人には重いだろうとこちらが話すのを遠慮してしまうこと、

でも自分がいちばん話したいことを、

泣きながら話すと、みんなが聞いてくれる。

 少しだけ気が楽になりました。