天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

息子の死に意味なんて欲しくない

気がついたら二週間以上も経ってしまいました。

妊娠七ヶ月に入ったリンです。

 

タイトルのことを最近よく思います。

他の皆さんはどうなんでしょう。

全ての出来事には意味があるなんてよく言うけど、

わたしは息子の死に意味なんて欲しくない。

わたしたち夫婦を成長させるため?

何かの罰?

成長なんてしなくていい。

その前からそれなりに常識人でした。

人の気持ちも考えながら生きてきました。

こんなにひどい罰を与えられるほどのこともしていません。

意味なんていらない。

息子が死んだことはただただつらく、

悲しくて、今からでも帰ってきてと思う・・・

ただ、それだけのことです。

 

ニコニコ笑顔も泣き顔も可愛いんだよなぁ。

ぽんちゃんに会いたいなぁ・・・

お腹の次男もすごく可愛いんだろうな。

それでもこの悲しみは埋まらないのです。

人間が生きるって、一体、どういうことなんでしょうね。