天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

宝物

長男の一周忌を過ぎたら気が抜けてしまって。

育児に忙しいのもあって、なかなかブログを書けずにいました。

 

次男がいい子で本当に可愛くて、

毎日毎日宝物だと言い続けています。

おかあさんより先にいなくならないでと

心の中で付け加えながら・・・

 

そして次男を見ていると、

長男との日々は本当に宝物だったんだと

感じられるようになってきました。

宝物を残してくれてとても嬉しいです

 

わたしと夫の会話には相変わらず自然に長男が出てきます。

亡くして悲しいとか、そういう話はほとんどしません。

それはあまりにも当たり前のことだから。

ぽんちゃんが何ヵ月のとき、こんな感じだったねとか、

あの子ぽんちゃんと同じくらいだろうけどもう走ってるね!とか、

子育てしてる夫婦の普通の会話です。

当時は気付かなかったけれど、

そんな話ができる思い出の詰まった一年と約十ヶ月は

本当に本当にキラキラ輝いていたんだ。

 

長男を亡くしてすぐの絶望の中で思ったことがあります。

この一年十ヶ月は何だったのだろう。

いったい何のためにこの子を産んで育てたのだろう。

意味がなかったんじゃないか?

わたしの人生も、意味なんてなかったんだ。

そんなことを思いました。

 

でもそう思ってすぐに、

どんなに意味がなかったとしても、

産まなければよかったとか、無駄だったとか、

そんなことは絶対にない。

絶対に絶対にそんなふうに思えない。

だから、いいんだ。

人生って、生きてる時間のことだけじゃないんだ。

そんなふうにも、思いました。

 

長男に会いたくて泣く日々はきっと、

ずっとずっと続くのでしょう。

でも心の中の宝物と、今を生きている宝物、

全部大事に抱えて生きていきたいです。

とても難しいことだけれども。