天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

大きな喜びと果てしない不安

以前仕事を始めるにあたって、不安なことがあると書きました。

その詳細をお話しようと思います。

 

本日、胎児心拍が確認されました。7wです。

奇跡が起きて、今ここに奇跡があります。

 ここからは妊娠のお話を書きます。

他人の妊娠のことを聞きたくない心情の方もいらっしゃると思います、

どうぞ無理をされず、判断なさってください。

 

 

 

検査薬で陽性が出たのは今月の初め、

病院で胎嚢が確認されたのは勤務開始の数日前でした。

もちろんまだ言えません。

でもつわりが始まって、身体は泥のように重く、

食事は食べられる量も内容もバラバラ。

そんな中でのお仕事開始、そりゃあ不安ですよね・・・

いっそ迷惑かけても辞退した方がいいのか?

そんなことも悩み、ますます体調が悪くなったり。

 

結果的には、行ってみたらなんとかなり、

仕事をすると気が紛れるし座り仕事なのもあって、

その心配がやわらいだらつわりも少しだけ楽になりました。

でも結局、ちゃんと育っているか、

急に出血したりしないか、無事心拍が確認されるか、

そのことが頭をぐるぐる駆け巡って。

妊娠、新しい仕事、不安、

普段の何十倍も疲れました。心も体も。

 

それが、心拍が確認されたことで少し軽くなり、

今日は果てしない不安の中にも、喜びを感じることができました。

それにそもそもなんで妊娠できたのか・・・

この短い間にいろいろなことが起こりすぎ、

頭のなかはぐちゃぐちゃといろいろなことを考えていました。

 

そしてまだ本当に初期で、無事に育つか心配でたまりません。

でもこれ以上ブログでまで黙っているのも無理で。

しばらくこのカテゴリで書かせてください。

今日はこのへんで。