天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

37w0d正産期に入りました

まだ見ぬ次男はどんな子なんだろう?

頭が大きいことはわかってる。

性別もわかってる。

エコーでわかる範囲の体の異常がないことも。

 

でもやっぱり、生まれてみるまでわからないことの方が多い。

あなたはどんな子かな?

 

長男は色素が薄くて、ぽちゃぽちゃむちむちしていて、

蒙古斑が腰にあって、お尻がぷりぷりでした。

足の薬指が少し内側に曲がっていたけど、

わたしも夫もそういう指の形だから大丈夫と言われました。

入院中はよく寝てくれて、ごはんもゆっくり食べられました。

退院してからは一日に20回くらいおっぱいをあげました。

眠れなくてつらかったけど、懐かしい。

 

その後の成長は前に書いた通りですが、

次男はどんなふうに生まれて、

どんなふうに育っていくのでしょうね。

歩く姿を、話す声を、ランドセルを背負う姿を、

見せて聞かせてくれるでしょうか。

 

今日からはいつ生まれても大丈夫な時期です。

お腹の張りはしょっちゅう感じますが、

不定期な上あまり痛くありません。

横になると消えてしまいます。

まだもう少しかかる気がします^^;

予定日まで三週間あるし、寒いからもうちょっと待とうね!