天使の息子がひとりいます。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使の息子がひとりいます。

2016年3月、最愛の息子は1歳9ヶ月で突然この世を去りました。それまでと、それから。いろんな思いを綴ります。

ぽんちゃんの匂い

GWが終わりましたね。

我が家はカレンダー通りの休みだった夫と、

結婚記念日にランチに行ったり夫の実家へ行ったり、

あとはのんびりいつも通りの日を過ごしていました。

次男は二回目の予防接種後に少し熱を出したものの、

すくすく元気に育っています。

 

節句には今年も兜を出して飾りました。

去年は切ない思いで出した兜飾り。

今年は次男の名前の入った旗を立てて、

兄弟二人のお節句を祝いました。

 

それを片付けて、なんとなく、本当になんとなく、

長男のものを少し片付けようと思い立ちました。

スキンケアや皮膚科の薬など、

毎日使うものを入れたお世話ボックスが

今までどうしても片付けられなかったんです。

次男をバウンサーに座らせてその前で、

一年以上ぶりに箱を開けました。

 

一番上に、長男の服がありました。

忘れてた。

お風呂上がりにパジャマに着替えたときに倒れたから、

そのときの服は救命措置のために切られてしまって、

それは辛すぎるので即日処分したんです。

でも当日着ていた服を洗わないでとっておいたんだった。

病院から夫婦だけで帰ってきて、

長男の匂いがなくなるのが嫌で、

とっておいたんだった。

 

小さな服を広げて、ひさしぶりに号泣しました。

それを次男はおててをしゃぶりながら不思議そうに見ていました。

あの子の匂いは・・・

ぽんちゃんの匂いは、もうしませんでした。

 

ひとしきり泣いて、次男を抱きしめて、

確かにここにある匂いを吸い込み、

その服を洗濯かごに入れました。

弟が着るからね。貸してね、ぽんちゃん。

使いかけの薬や保湿剤を捨てて、

まだ新品で期限が先の保湿剤を次男のお世話ボックスに入れ、

あっという間に片付けは終わりました。

 

傷口にできたかさぶたが剥がされたような、

それでも少しだけ前へ進めた気がする一日でした。